未分類

SONYのワイヤレスイヤホンWF-1000XM4を購入した!

更新日:

SONYの最新式ワイヤレスイヤホンWF-1000XM4を購入して我が家にやって来ました。発売は2021年6月25日です。約2年ぶりに発売した完全ワイヤレスイヤホン。発売前からメーカーの公式発表で品切れが生じる恐れがあるということで覚悟していましたが6月25日に宅配便で届きました。

石鹸?と同じ位の大きさです。環境に配慮してイヤホン、付属品以外全て紙製でできています。

発売前からガジェットマニアの間で高評価の商品です。

私はずっとワイヤレスイヤホンに安い物で5千円前後〜高い物で数万円もするのにお金をかける勇気がなくて付属のコード付きのイヤホンを使っていました。ワイヤレスイヤホンを着けている人を見るとスマートでいいなぁと憧れている部分とAppleのベストセラーイヤホンのAir pods proは見た目がうどんの様に見えて微妙だなぁと思っていました。

しかし今回SONYから発売されたWF-1000XM4はノイズキャンセリングの機能も素晴らしいですが見た目にもスッキリしたスタイルでカッコいいのです。

価格は驚愕の33000円。勇気を振り絞ってポチりました。

肝心の音質はノーマルでも充分なクオリティです。

低音がしっかり効いてヘッドホンと遜色ないです。ハイレゾの技術が導入されています。

専用アプリからイコライザー機能を調整すれば更に自分好みにフィットできます。

専用アプリはこんな感じ。

バッテリーの持続時間は8時間強です。更に収納ケースで充電できるので心配は全くなし。比較する王者AirPods Proは持続時間が4時間しかなくSONY WF-1000XM4の圧勝です。

収納ケースが超コンパクト。角張ってなくて角が丸いので手に馴染みます。河原に落ちてる小石の様な感覚です。

ポリウレタン製のイヤーピースがS、M、Lと用意されています。シリコン製とは違い低反発素材で高品質です。なので耳が痛くなったりは全くしません。専用アプリで自分に合ったイヤーピースのサイズが分かります。些細なことですがノイズキャンセリングの機能を生かすためにはサイズ選びは必ずしっかりしてください。

更にソニーが開発したLDAC(エルダック)というBluetoothのオーディオコーデックに対応したスマホやオーディオとWF-1000XM4を組み合わせれば最大96kHz/24bitの高品質ハイレゾが堪能できるようです。しかしiPhoneには対応していないのが残念です。でもご心配なく。DSEE Extremeというハイレゾレベルに音質を高める機能が付いています。

イヤホンを指で触って操作するタッチセンサーの感度が丁度良くて全くストレスを感じません。

どんだけ凄いんだ!

悪いところが見つかりません。

新機能のスピークトゥチャットは話し始めると自動的に音量を下げてくれる機能があるのでイヤホンを手で操作する必要がありません。

まだまだアプリで様々な機能が装備されています。

ガジェットに詳しくない私でも凄さがわかりました。

カラーは白と黒の2種類です。私は黒の方がcoolだと思いますが黒はイヤホン使用後は耳糞が目立ちます。使用中は耳に装着しているので問題ないです。気になる人は白にした方が耳糞が目立たないと思います。ちょっとしたことですが。

ということで買ってよかったソニーのワイヤレスイヤホンWF-1000XM4でした。

-未分類

Copyright© ぽむさんの部屋 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.