「アドラーセレクション子どもの教育」著アルフレッド・アドラーは育児教育の教科書だ!

投稿日:

先日、図書館でおすすめの本が紹介されていたので手に取ると「嫌われる勇気」で有名なアルフレッド・アドラー 岸見一郎の本でした。

早速借りて読んでみるとなかなかの難しい文章です。子どもの教育について明確に解説しています。

子どもが非行に走ったり、ふさぎ込んだりするのは遺伝や生まれつきのせいではなく全て親や学校の教師の接し方が子どもの人格形成に大きく関係していることが書かれています。我が家の子供も成人に近づきつつあるので早くこの本に出会っていれば子供達の能力をもっと伸ばすことができたのになぁと思ってしまいました。

アドラーの「嫌われる勇気」は師匠と少年の掛け合いが面白くて読みやすいですが対するこの本は全ての教育関係者や親が必読すべき専門的な内容となっています。

子ども達の将来は99.9%親と教師にかかっています。

大変有益な内容です。興味があれば是非ご一読を。

-

Copyright© ぽむさんの部屋 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.