生活

冬場だけでなく夏場も窓にプチプチを貼ると断熱効果があり電気代を節約できます

投稿日:

プチプチを貼るメリット

冬場に結露防止のために窓にプチプチを貼ることはよく知られていますがこれは空気の層を作ることにより外気の温度差を軽減することで実現します。

これは夏場にも応用できます。夏場は日差しが強く窓の近辺はとても熱く、エアコンをつけても熱効率がよくないです。外気温が30度を超えてくると対策をした方がいいです。そこで夏場でもプチプチを窓に貼って日差しの熱を軽減することがおすすめです。プチプチを貼るのと貼らないのとでは2度~3度は違うのでエアコンの負担を軽くできます。

我が家でも夏場も冬場も窓にプチプチを貼っています。

ホームセンターでも結露防止及び断熱シートという商品が販売されていて親切に両面テープも付属しています。

梱包用の衝撃緩衝シートは凸凹状になっていますが断熱専用のシートは両面がシートになっていてちゃんと空気の層が形成されています。

プチプチを貼ったうえで簾とカーテンをするとエアコンを効率よく使用できます。

プチプチを貼ると日差しによる室内の変色や色褪せの軽減効果もあります。

カッターナイフと両面テープで簡単に設置できます。

プチプチのデメリット

私が感じる最大のデメリットは生活感が増します。外の景色も楽しむことが出来なくなり慣れるまでは開放感が減少して圧迫感があります。良く言えば目隠しになります。お客さんが来るときは恥ずかしいので我が家は一時的に剥がします。

貼ることのできる窓のタイプがあり、全ての窓に貼れるわけではありません。すりガラスや網ガラスなどにはガラスが温度差によって割れる可能性があるので貼ることが出来ませんと注意書きがあります。

窓の開け閉めができるか心配でしたが引っかかることもなく開け閉めできます。

安価で室温を効率化できるのでおすすめです。

年中貼りっぱなしにしているとカビが発生したりシートが劣化したりして衛生的に良くないのでシート自体も高額ではないのでシーズンごとに張り替える事お勧めします。

プチプチシートで満足できない人は二重ガラスなどにすると防音効果や見た目も改善できます。ただし高額になるので手軽さで言えばプチプチが費用対効果は高いです。

-生活

Copyright© ぽむさんの部屋 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.