名著「チーズはどこへ消えた?」スペンサー ジョンソンの感想

投稿日:

この本は自己啓発の中でもトップクラスの名著です。

ネズミに置き換えた物語は子供から大人まで勉強になります。

私は30回以上は読んでいます。

子供たちにも小さい時から読み聞かせています。

現状に満足していない人必見恐怖に直面した時の対処法がわかる

この物語はネズミのスカリーとスニッフ。小人のヘムとホーのお話。迷路の中でチーズを探します。この中でチーズとは私たちが人生で求めるもの(仕事、家族、お金、なりたいと思うもの) 。迷路が社会生活においての困難を表しています。

ここでの教訓は怖がらずに変化に対応する事。現状維持は退化するのと同じです。

状況の変化に素早く対応する事が大事で恐怖で行動を起こさないと状況は益々悪くなります。人間の本能で防御反応が表れ恐怖心に苛まれますが、成功者は皆行動しています。

私たちも恐怖を考えずに行動してみると何かやりたいことや、やるべきことが出来るようになります。

-

Copyright© ぽむさんの部屋 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.