「捨て本」を読んだ感想 堀江貴文さんの断捨離論

投稿日:

今回紹介するおすすめ本はホリエモンこと堀江貴文さんの著書

「捨て本」

です。著者の自伝を通して物に限らず人生に本当に必要なもの不必要なものを著者がエッセイ風に語ります。

例えば男の子ならくだらないプライドです。私も変なこだわりや執着に囚われて自分の殻を破れずにいます。

プライドを捨てることができれば数々のしがらみから解放されてそこから生き方が変わるのですが分かっているけど出来ないのです。

著者はメディアでのイメージとは異なり物欲はほぼないです。私利私欲より好奇心旺盛で自分が良いと思えばとことん実行するところがすごいところです。

仕事でも物でも捨てたいのに捨てられないのは損得で考えてしまうから自分の決断を縛ってしまっています。縛るものは捨てる。そして、損得では考えない、ゼロリスクを恐れず行動することが大事です。

単なる断捨離本ではなく完全な自己啓発本です。読めば気持ちが前向きになる本です。

是非ご一読を。

-

Copyright© ぽむさんの部屋 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.