生活

2020年10月から酒税が変わり、お酒により増税や減税になる

投稿日:

この度2020年10月から酒税が変わります。飲むお酒によって増税または減税になります。

結論はビールの税金が下がり、新ジャンルの税金が上がります。

これにより新ジャンルからビールに移る人も多くなると予想されます。

現在は350mlあたりの税金は

ビールが77円

発泡酒が46.99円

新ジャンルが28円

です。

安くてビールテイストを味わえるので消費者は新ジャンルを選んでいました。

2020年10月から段階的にビールの税金が下がり、新ジャンルの税金が上がります。第2段階が2023年10月、最終的に2026年10月に約54円で統一されます。

これにより発泡酒や新ジャンルは消滅すると予想されます。同じ税率なら(本物の)ビールを誰しも選ぶでしょう。

2020年10月からビールは77円から70円に下がり、

新ジャンルは28円から37.8円に上がります。

麦芽比率25%未満の発泡酒は47円の税率のままで2026年10月に54円に統一されます。

チューハイとサワーは2026年10月に35円に増税です。それまでの変更はなしです。

日本酒も2020年10月、2023年10月に段階的に減税でワインは逆に増税です。2023年に35円で統一されます。

簡潔にまとめると2020年10月1日からビールと日本酒の減税で価格が下がり、新ジャンルとワインは増税により価格が上がります。

新ジャンルとワインが好きな人は保存ができるので買い溜めをおすすめします。

ビールが好きな人は10月1日まで我慢してから買うとお安く買えてお得になります。

-生活

Copyright© ぽむさんの部屋 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.